初心者のためのベリーダンス情報サイト

オリエンタルな色気ただようベリーダンスとは

オリエンタルな色気ただようベリーダンスとは ベリーダンスとは、西アジアからアフリカ北岸のイスラム文化圏にみられる女性の踊りで、またの名をオリエンタルダンスともいい、腰を素早くふる動きに特徴のあるダンスです。
ベリーダンス、日本語に直訳すると、腹踊りといったところでしょうか。
腰をひねったり、振ったりする踊りは、砂漠地帯に住む民族に顕著であるという説もあります。
飛び上がったり足踏みできるほどの固い地面でない砂地では、手足の動きは制限されるため、足元を定めて胴体の動きに重点を置く踊りとなったのです。
ベリーダンスは、地面を踏みしめて頭を安定させ、首、肩、腰、胸、お腹などの体の各部位を独立させて動かすのが特徴です。
細かく振るわせたり、くねらせたりするなどの動きは女性の体のしなやかさ、繊細さ、大胆さそして強さなども表現します。
色とりどりの、やわらかで、きらびやかで、透お腹を出す綺麗な衣装とウェールを身にまとい踊る女性の姿はまるで妖艶な天女のようです。
ベリーダンスを踊ることによる様々な健康効果も期待できます。
ダンスは心肺能力によい働きをもたらし、身体の柔軟性と強さを増強させ、胴体や体幹を引き締めてくれます。
心身ともに健康な身体はますますあなたを輝かせてくれるでしょう。

日本でのベリーダンスの歴史

日本でのベリーダンスの歴史 現在ではスポーツクラブでも頻繁にプログラムとして見かけるベリーダンスは日本ではどのようにして広まっていったのでしょうか。
調べてみますとその歴史はかなり最近のもので1970年代にアメリカから入ってきたものと考えられています。
当時のアメリカは女性解放運動が盛んであり、ウーマンリブ思想などを表現する媒体としてベリーダンスが比較的頻繁に行われるようになりました。
当時からして日本はアメリカとの結びつきは強く、交流も盛んでしたので、それに感化され触発される形で輸入されたのではないかと考えられます。
当時の状況をみていたベリーダンサーの方のインタビューでは1980年後半にはほとんど知っている人自体がいなかったと述べています。
それが、トルコ人の料理店が増えるにダンサーとして呼ばれるようになって人の目に触れるようになります。
そうするとそのダンスを見ていた人の何人かが触発されて他の人と話をするなどして広まっていきます。
中にはベリーダンスを学びたいという人も出てきます。
踊っていた人に教わろうとする人、アメリカやイスラム圏に行って習いたいと考える人も出てくることになります。
ベリーダンス教室を開く人も出てきます。
2000年代にはかなりの数のスタジオやベリーダンス教室が開かれるようになりそのブームは2018年に入った現在でも続いています。

ベリーダンスに関するお役立ちリンク

ベリーダンス